全身脱毛の美容皮膚科リゼクリニック

女性なら誰でも気にするムダ毛、年齢が高くなるにつれてムダ毛は自己処理ではなく、脱毛を考える人が多くなります。

脱毛を考えるとき、何を基準に選びますか?
CMでよく見るから?値段が安いから?

脱毛はどこでやっても同じではありません。
エステ脱毛と医療脱毛は大きく異なります。

エステ脱毛と医療脱毛の違い

リゼクリニックではライトシェアデュエットを使用しています。
全身脱毛は数年前まで100万円以上する高価なものでした。
テレビや雑誌に出る女優さんやモデルさんなど一部の人が行なっていました。

しかし近年半分以下の金額になり、だれでも手の届くものになりました。

全身脱毛がこんなにお得になったのはこのライトシェアデュエットのおかげなのです。

ライトシェアデュエットは照射面積が従来の脱毛機の5倍となり、照射時間が1/3となりました。

所要時間が短くなったことで価格がお得なりました。

ライトシェアデュエットは吸引しながら照射を行うことで、痛みの軽減も実現し、部位によっては痛いという悩みも大きく軽減されました。

リゼクリニックはこのライトシェアデュエットが発売された初期から導入しています。

リゼクリニック新宿院の医療レーザー

医療レーザーは、エステの光脱毛と比べてはるかに痛みが強いことが問題でした。

しかし、最新機種『Light Sheer DUET』の吸引システムは、この痛みを大幅に軽減どころか、ほぼ無痛のレーザー照射を実現しています。問題なのは、面積が小さい、皮膚に余裕がないなど、吸引不可能な部位では従来のダイオードレーザーを使用するしかない点です。

美容皮膚科リゼクリニックでは、少しでも、全身などの広範囲に無痛の吸引システムによる医療レーザー照射が使用できるよう、研究・トレーニングを続け、痛みを最小限に抑える努力をしています。通常の医療レーザー照射で長時間の痛みを耐えることは大変な苦痛です。全身脱毛など広範囲の施術が受けたくても、何時間も痛みに耐えるのは無理…と考えていた方も、居眠りしながら施術を受けることさえ可能です。

※吸引できない部位、細かな部位は上記のリゼ式時短脱毛はできません。
従来の直接冷却型の脱毛となります。予めご了承ください。
リゼ式時短脱毛が出来ない部位:お顔、Iライン、Oライン、指、手首、足首、その他、体型により、通常部位でも吸引できず直接冷却型の脱毛を行う可能性があります。

※リゼ式時短脱毛は照射時の痛みはほとんどありませんが、器具の特性上、吸引時に若干の痛みを伴います。しかし、従来の直接冷却型の脱毛機の照射時の痛みと比べると、その痛みはかなり小さいものです。